2020.07.01
株式会社野村総合研究所
hyphenate株式会社

野村総合研究所とhyphenateが業務提携し、顧客企業の事業戦略に基づいた、サービスやプロダクトデザインを行うためのコンサルティングサービスを提供

株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:此本臣吾、以下「NRI」)とhyphenate株式会社(読み:ハイフネイト、本社:東京都千代田区、代表取締役:平田智彦、以下「hyphenate」)は、「顧客企業の事業戦略に基づいた、サービスやプロダクトデザインを行うためのコンサルティングサービス」について、業務提携契約を7月1日に締結しました。今後、NRIが強みとする事業戦略策定等のコンサルティング力と、hyphenateが強みとするサービス・プロダクトを主としたデザイン力を合わせ、両社で包括的にサービス提供していきます。

変化するユーザーの価値観に沿った事業創出、サービス・プロダクト開発の必要性

事業創出やサービス・プロダクト開発においては、事業戦略の視点だけでなく、生活者などユーザー視点のデザイン要素の取り込みが不可欠です。さらに、昨今のコロナ禍の影響で、ユーザーの価値観は“不便、不自由を解消したい、“好きなモノ・コトに触れたい”、“希望の持てる未来を夢見たい”など、一層の多様化が進んでおり、“従来以上にユーザーと向かい合った”事業創出/サービス・プロダクト開発が急速に求められるようになっています。

業務提携の内容

NRIとhyphenateは業務提携により、「顧客企業の事業戦略に基づいた、サービスやプロダクトデザインを行うためのコンサルティングサービス」を、ワンストップで提供する仕組みを構築します。具体的には、NRIが事業戦略やサービス戦略の策定、新サービスの開発、事業創出の領域でのコンサルティングを提供する際に、ゴール設定、ユーザーインタビュー、機会領域策定、アイデアスケッチ、プロトタイピング、ユーザーテスト、カスタマージャーニー描出、サービスやプロダクトのデザイン、というすべての過程においてNRIのコンサルタントとhyphenateのデザイナーが顧客企業と並走します。これにより、事業戦略の視点とユーザー視点を両立させた事業創出やサービス・プロダクト開発が可能になります。
NRIとhyphenateは両社の強みを最大限に発揮し、アフターコロナの世界において “真にユーザーと向かい合った”事業創出/サービス・プロダクト開発の事例を多数生み出すことで、わが国のサービス・プロダクト開発においてユーザーセントリック1なエコシステムの確立を目指します。

両社の概要

商号 株式会社野村総合研究所
事業内容 コンサルティング、金融ITソリューション、産業ITソリューション、IT基盤サービス
設立日 1965年4月1日
本社所在地 東京都千代田区大手町1丁目9番2号
代表者 代表取締役会長兼社長 此本臣吾
商号 hyphenate(ハイフネイト)株式会社
事業内容 ブランド戦略、新商品およびサービスの企画・コンセプト開発、デザインリサーチ、UI/UX開発、プロダクトデザイン
設立日 2006年2月14日
本社所在地 東京都千代田区神田小川町3丁目26番8号
代表者 代表取締役 平田智彦

1ユーザーセントリック:ユーザー中心の という意味

ニュースリリースに関するお問合せ先

hyphenate株式会社 Owens(オウェンス)
E-mail:press@hyphenate.jp

本件に関するお問い合わせ先

株式会社野村総合研究所 コーポレートイノベーションコンサルティング部 徳重、柳沢
E-mail:nri-hyph@nri.co.jp
hyphenate株式会社 Owens(オウェンス)、兵藤
E-mail:inquiry@hyphenate.jp

ニュース一覧に戻る

漠然としたご相談からでも、
プロジェクトゴールの設定とアクティビティ設計、
アウトプット内容のご提案をいたします。

各種お問い合わせはこちら